loading

診療内容-治療

口腔外科治療

歯の移植

やむを得ず、歯を失う結果となった場合、通常は入れ歯プリッジインプラントのいずれかで回復させることとなります。しかし、お口の中に使われていない歯(親知らずなど)が存在すれば、その歯を移植することにより有効に利用できる場合もあるのです。まずは一度ご相談ください。

親知らずの抜歯

顎と歯の大きさのバランスが悪いと、親知らずが斜めにはえてしまうことがあります。この場合では隣の歯との間にプラークが溜まりやすくなり歯周病やむし歯の原因となってしまうため、抜歯をおすすめします。